最近の探偵への依頼内容について

最近の探偵への依頼内容について

貞操義務違反について

世の中で不倫という言葉があります。貞操義務違反という難しい言葉も、だいたい同じ言葉です。夫婦になったら、パートナー以外の人と性関係を持ってはいけないというきまりがあります。

 

これは、民法で定められています。以前「不倫は文化だ!」などという事を言った芸能人がいたと聞きますが、これもまた、貞操義務違反だと言えましょう。夫婦間だけではなく、内縁でも同じことが成り立ちます。

 

だからといって、配偶者に性的要求を強要するのは、人としてどうかなと感じるところです。もちろん何の理由もなく拒み続けるのも、夫婦としては間違っています。離婚の原因としても十分に認められます。夫婦とはいえ、人と人とのつながりです。相手を思う気持ちがなければ、義務も認められないでしょう。

 

最近では特に東日本大地震以降、不倫などが決めてとなり、密会バスターズ等の探偵に依頼して離婚するケースも増えてきているようです。

 

盗聴されやすい人の特徴

最近では、盗聴の発見業務を探偵事務所に依頼をするケースが多くなっているといいます。探偵事務所で、盗聴の発見業務を主力業務にしているところに話を聞くと、盗聴されやすい人には、いくつかの特徴があるといいます。

 

まず盗聴されるきっかけは、異性問題が多いといわれています。たとえば、異性とお付き合いをしていて、別れるときにトラブルになったり、ストーカーの被害にあったことがあったりする人は、盗聴をされている可能性がほかの人と比べると高いと思ったほうがいいでしょう。

 

また、生活形態も、密接に関係をしているようです。たとえば、一人暮らしをしている場合には、部屋を空ける時間がどうしても長くなります。その間に侵入をされて、盗聴器を取り付けられる可能性があります。

 

また、電話の機種によっても、盗聴されるリスクが高くなることもあります。特にコードレスの機種を使っている人の場合、盗聴器の電波を飛ばしやすくなるので、ターゲットにされやすいところがあります。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ